「r」の発音 その1
日本人にとって「r」の発音は難しいですよね〜〜(^^; だってそんな音、日本語にはないもの。
日本語の「ラ行」の発音は英語の「L」の発音に近く舌を上あごにくっつけ発音するものですよね。
だから余計難しい(ーー;  で、「巻き舌で発音」となるわけです。

でも、学校で教わったこの「舌を巻いて発音」は、ちょっと違うようです。
正確に言うと巻くのではなく、舌を喉の方へ引くんです。引きながら「ゥ〜」と言っていましょう。
そう、ライオンが「う〜〜〜」と唸っている感じ。ジャイアント馬場さん(でしたっけ?)の物真似で使われる
こもった音の「ぁぱぁ〜」(合ってます?)みたいな感じです。決して舌を巻きません

このちょっとこもった「ゥ〜」を言ってからそのままの位置で発音を続けます。
例えば「right(正しい)」ですが、「ゥ〜」と唸ってから舌を上あごにくっつけないで「ライ」と言います。
うっかり上あごにくっついちゃったら「L」の発音になってしまいますので、気を付けてくださいね。
そして最後の「t」の音を日本語の「ト」で発音しないように注意して(「子音の発音」を参照して下さい)
無声音で「トゥ(またはツっ)」と発音します。

どうですか?ちゃんと英語の「right」になったでしょ?(^^;

巻き舌にしようとすると、舌がカールしようとして舌先が一旦上へ持ち上がりますよね。
そうするとどうなりますか?上あごに着きそうになりますよね?と言うか、意識しないとくっつきますよね?
そうなんです。その瞬間「r」の発音ではなく、「L」の発音になってしまうんですよね。「light(明かり)」に。。。

で、「That's right!(その通り!)」と言ったつもりが「That's light!(それは明かりです)」になってしまって、
会話している相手に「What?!(はぁ?!)」と聞き返されてしまうおかしな事になってしまいます。(^^;


「fry」も同じですね。
ちょっと下くちびるに上の前歯を軽く当て(「『f』・『v』の発音」を参照して下さい)無声音で「ふ〜」と言ってから、
そのまま舌を引き、「ゥ〜」と唸って舌を上あごにくっつけないで「ライ」。
「fly」にならない様に気をつけて下さいね。

「a fried chicken(フライドチキン)」が「a flied chicken(野球でフライを打たれた鶏肉)」に、
「a frying pan(フライパン)」が「a flying pan(飛んでいる鍋)」になってしまいます!(≧▽≦)気をつけて♪