子音の発音
英語は、子音が多い言語ですね。「trick」とか「description」とか「scratch」とか。

日本語は母音である「ア行」と「ん」以外は必ず「子音+母音」から成り立っているので、
例えば「寒い」と発音する場合、ローマ字で書くと「sa mu i」となり、ほぼそのように発音していますよね。

では英語ではどうでしょうか?寒いは「cold」ですね。母音はたった一つ「o」だけです。
これを発音するときに、べたべたの日本語英語で「コールド」と言ってもかろうじて通じるのですが、
日本語訛りの英語に慣れてないネイティブには、何回も「What?」と聞き返されました。

「コー」と言ってから後は母音がありません。
ではどうするのでしょうか。単純に舌先を上あごにくっつけて「L」の音を出して、
そのまま舌を弾いて「d」の音を発音します。

「L」のところは、「ル(lu)」にならないように注意します。
そう、日本人は母音の「u」を自動的に発音してしまうんですよね。
だから「ル」と言わないようにするんです。最初の「co」の「コー」の音をそのまま伸ばしておいて、
舌先だけを上あごにくっつけるんです。

次に「d」の音ですが、これも「ド(do)」にならないように注意します。
「o」の音を発音せずに「ドゥッ」みたいな感じで、舌を弾きます。大げさにしっかり弾いてください。

これをつなげてもう一度説明すると、
「コー」と言ったまま、舌先を上あごにくっつけた後、すぐに舌を弾く、と言うことになります。

他の言葉もこの方法で試してみました。結構使えるようです。
「trick」なら、「ッゥリッ(ヶ)」(『ケ』は無声音で「ケ」と「ク」の間みたいな音を喉の近くで鳴らします。)
みたいな感じです。文字だとなかなか伝わりにくいですが、お分かりいただけたでしょうか?(^^;

とにかく、母音のないところは勝手に日本語式に母音を発音しないようにしましょう。